FC2ブログ
18:31:25
09

タカサゴユリとテッポウユリ

山のはなし以外にネタが無いので(寂しい女・・)随分ご無沙汰してしまいました。
山の話はヤマレコをご覧になってくださいませm(__)m
下↓↓の方にありますので。

先日、賢パパさんのブログにユリの話が書かれていましたが
『タカサゴユリ』という初めて聞く名前でした。

それに紫の線が入っているなんて、ますます不思議なユリ。

ところが、今日母の家に行き庭を散策したところ、白いユリが咲いている。
近寄ってみると外側に紫の線がこれでもかと言うほど入っているぢゃまいか。
それに花びらが少し肉厚。
これがタカサゴユリか~と感動しました。
IMG_3508.jpg  IMG_3509.jpg

母に聞いてみると、「うちにはテッポウユリしか無いはず。」と言う。
確かにそのタカサゴユリそのが咲いている場所も、元々はテッポウユリが咲いていたはず。
庭の3か所に咲いていた跡を見ると、遅咲きなのかテッポウユリの蕾が見える。
これはタカサゴユリと比べて見ても葉が微妙に違うし、紫の線も見られない。

ちょっと興味がわいてきたので調べましたよ。

タカサゴユリ(高砂百合)は、台湾の原産のユリ
外来種で駆除対象になっているそうです。
また、このタカサゴユリとテッポウユリの交配の園芸種をシンテッポウユリ(新鉄砲百合)と言うそうで、
染色体や遺伝子検査を行わないとシンテッポウユリとタカサゴユリの判別は難しいようです。

もしかすると、テッポウユリと信じていたユリは本当はシンテッポウユリで、
何かの変異でタカサゴユリが出てきちゃったという可能性はないのでしょうかね?
タカサゴユリは繫殖力が強いそうですから、庭が乗っ取られたら困るので
早めに駆除した方がいいのかもですね。
綺麗なんですけどね。。
スポンサーサイト



2 Comments

チャトラ  

Re: 新テッポウユリ

さすが賢パパさん、ご存知でしたか。
タカサゴユリという名前も聞いたことが無かったので、賢パパさんのブログを見ていなければ
スルーしてしまうところでした。
来年はテッポウユリを見かけたらよ~く観察して、新テッポウユリを見つけてみたいと思います。
ま、何にしてもユリは綺麗で好きですけどね。
興味深い話をありがとうございました!

2020/11/10 (Tue) 20:35 | EDIT | REPLY |   

賢パパ@思い出しました  

新テッポウユリ

ブログ拝見して思い出しました~。
そうです、テッポウユリとタカサゴユリの交雑種として作り出された園芸品種で「新テッポウユリ」がありましたねぇ。
色は純白のテッポウユリに近くて背丈や繁殖力はタカサゴユリの性質を受け継いだ改良品種ですね。
植えた覚えのないタカサゴユリがあるということは風に運ばれた来た種子が庭に落ちて発芽した可能性が高いですね~。
元々庭にあったテッポウユリと交配させてみるのも面白いですね。

2020/11/10 (Tue) 03:14 | EDIT | REPLY |   

Add your comment