23:41:06
28

キタダケソウに会えた🎶 1日目

キタダケソウに会いたくて北岳へ。
今回はいつもの相棒でなく、師匠Yさんに同行していただく。
私のヘタレ具合は何となくわかってるはずだけど。
何とか足手まといにならないよう頑張るだけ。

1日目(6月26日)
7:00 広河原出発 
北岳チラリ。近く見えるけど気のせいだった(^^;)
IMG_8620.jpg

雪渓って、大雪渓ぢゃん。
この時点では右俣コースにするかまだ悩みちう。
師匠は95%行きたそうだけど。
IMG_8633.jpg  

8:45 大樺沢二俣 左俣コース
下りて来た環境省の方が、踏み後たどれば大丈夫でしょうと言う。
ただ余りにも雪が多く、夏道への取り付きが不明瞭なのが心配・・と師匠。
近くに先行者が一人いたので、アイゼン付けて踏み後辿って行くことに。
いわゆる`腐った雪'なのでアイゼンは余り効いていない。
ズルズル滑るので余計に体力を使う。
ストックがあるおかげで何とか踏ん張れた。
この時ほどストックのありがたさを感じたことはないな。
・・
斜度がキツくなると怖くて振り返れない。
1時間50分程かかって夏道に。
やっと振り返って写真撮れた。
けど、ガスが上がってきてますます怖い。
↓見上げてる        ↓見下ろしてる
IMG_8635.jpg  IMG_8638.jpg

先行者が休憩していたのでアイゼン外しながらお話し。
「(6本爪で)大したもんですよ!」って言われ、やっぱ無謀だったかな?

さあここからが核心部。
バットレスを横目に登るけど、足が攣って痛い!!
イワカガミにテンション上がるけど・・痛い!
気休めかもだけどアミノバイタルプロを1包飲む。
無情にも階段は続く・・。
IMG_8639.jpg  IMG_8644.jpg  

IMG_8648.jpg  IMG_8650.jpg  

11:50 八本歯のコル
やっとこさで抜けたーと思いきや、その先にあるものは・・
何、あのバーコードみたいな梯子。
あっち(ボーコン沢の頭)の梯子も何?
IMG_8654.jpg  IMG_8653.jpg
  
IMG_8656.jpg  IMG_8660.jpg  

12:25 トラバース道分岐点
ここで休憩。すると隠れてた北岳山荘が見えた。
IMG_8670.jpg

12:40 分岐点出発 トラバース道行くよ♪
ここからは楽しいだけ🎶
まさにキタダケソウの花畑。
念願のキタダケソウ。
神様ステキなご褒美ありがとう。
IMG_8676.jpg  IMG_8699.jpg  

IMG_8726.jpg  IMG_8720.jpg

こちらはチョウノスケソウ。
この子も初めまして。
IMG_8688.jpg

ここも滑るよん。横に滑ったらアウト。
振り返ったらさらに怖い。
IMG_8745.jpg  IMG_8749.jpg

14:05 北岳山荘着
除雪作業中。
開設準備中で通常のサービスができないとの事。
なので夕飯はカレー。
お客は8名の団体と他4名のみ。
だからそれぞれの組が1部屋ずつ個室の様に使用。
超ラッキー!(^^)!
神様、ここでもご褒美ありがとう。
IMG_8771.jpg  IMG_8772.jpg

明日に続く。
スポンサーサイト

2 Comments

チャトラ  

Re: 北岳でした

キタダケソウが満開のこの時期にこんなに空いているなんて、やはり残雪のせいでしょうか。
それでも草スベリコースの方はそこそこいましたけど。
真夏は避けたいお山であります。

2017/06/30 (Fri) 01:29 | EDIT | REPLY |   

KP@今週末は休みなし  

北岳でしたか

鳳凰山辺りかと思っていましたが・・・北岳でしたか。
もう広河原までのバスが運行始めてるんですね~。
私はまだマイカーで広河原まで入れたころに一度だけ登ったことがありますが当時の標高は今よりも低かったので楽でしたよ。(笑)
続編楽しみにしてま~す。

2017/06/29 (Thu) 05:29 | EDIT | REPLY |   

Add your comment