23:21:12
30

宝永山で高山病

富士登山の足慣らしにと登った宝永山。
まんまとやられました‘高山病’

宝永山では高山病にはならない!・・と言い切ってるブログもあり、
あまくみていたのかもしれないです。
それでも富士山に登るつもりで、しっかり睡眠・水分摂取を心がけて出発したつもりでした。
それなのに・・
富士宮からバスに乗り、富士山スカイラインを走っている最中から生あくび連発。
まさかこれが高山病の始まりだったとは・・。

あいにくの天気でしたが、これも訓練と思いレインウエア、ゲイターを身につけ出発。

DSC09623.jpg  スタート地点

六合目から分岐点にきました
DSC09598.jpg  DSC09600.jpg
↓ちっちゃいけど登ってる人わかります?    ↓特にきついトコ
DSC09601.jpg  DSC09607.jpg 
↓御殿場 演習場方面            ↓もうすぐ山頂
DSC09616.jpg  DSC09618.jpg
 
DSC09620.jpg 宝永山山頂

山頂付近で船酔いの様な吐き気、動悸が現れ、何とか五合目まで降りたのですが治まる気配なし。
這うようにして家に帰り、あとはほとんど死んでました。
誰? 下山したら治まるって言ってたの。

2日たった今も完全復活はしてません。
近くの物をみるとムカムカしてきます。
おそるべし高山病。
なるほど、‘山酔い’という言葉にうなづける。

こんなんじゃ無理ですよね、富士山。
足には自信がありますが、空気の薄いのだけはどうにもなりません。
まずは宝永山克服しないと・・ですね。

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment