14:51:51
09

ねむの木村の春

7日の話。
掛川にある『ねむの木村』に行ってきました。
前日までの筋肉痛もほぼ完治し、我ながら元気だなァーと感心。

ちょっと田舎へ行く時には必ずバス時刻を調べて行く!・・
これ当たり前なんですが、最近ますますそう思いまして、前日にネットで
時刻表を検索したところ、4月1日に改正された様子。
しっかり印刷し、JRの時刻もチェックし、完璧!と思っていたのに・・
見事に裏切られました。
バス停に行くとバス停の番号も違うし、自分が乗るはずだっだ時間が無い!

ちょうどそこにいた地元風のおばあさまが
「乗る人がいないから、無くなっちゃったよ。」だって。
皆さん、Web上の時刻表が信用できないのなら、何を信じたら良いのでしょう・・。

まあ文句を言ったところで4時間程の空白はどうにもなりません。
計画を変更して、先に掛川城へ。
種類の違った桜が満開。このゆったりとした空間が好きですね。
それにしても時間が余ってしまい、仕方がないのでタクシーに乗りねむの木村へ。

『あかしあ通り1丁目』バス停で降ろしてもらうと、そこは別世界。
かわいい建物とピンク・白・黄色の花が一面に広がってメルヘンな感じ。
‘桃源郷’的な世界です。
のどかな空間に引き込まれるように、いちばん奥のねむの木子ども美術館まで歩きました。
学園の建物のまわりも花があふれ、子どもたちには良い環境だし、
子どもだけじゃなく、私が老後を過ごすならこんな環境に身を置きたいと・・
憧れますね。
ねむの木村  ねむの木村

ねむの木村  ねむの木村

ねむの木村  ねむの木村

で、帰りのバスはやっぱり便が少なくなっていたので、
しょーがない!歩きました。
タクシーの運転手さんには、困ったら呼んでね・・って言っていただきましたが
良い天気だし、山道じゃないし・・。
てくてく、どこまで行っても長い1本道は、結局2時間位は歩いたでしょうか。

心配の筋肉痛は全くありませんでした(*^^)v
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment