11:38:03
24

東北地方医療支援

東北地方医療支援チームの一員として、岩手に行ってきました。
静岡県のプロジェクトですが、今回FDAさんの協力で45名の医療チームが久慈市・釜石市で
医療活動を行ってきました。大量の支援物資と医薬品も積んで。

出発式には報道陣がずらり。
副県知事やFDAの鈴木与平氏も搭乗し花巻空港までお見送りしてくださるという盛り上がり。
富士山空港・花巻空港の皆様も営業終了後にもかかわらず笑顔で送り出してくださいました。

現地はTVで放映されている以上に悲惨な状況でした。
TVに映らない川の上流までも津波が押し寄せた後があり、山奥の孤立した集落もたくさんあり、
物資も医療も初めて届くという避難所もありました。

45名はいくつかの班に分かれて避難所、孤立した住宅を回り、2日間で約400名の方の診療に
関わる事ができました。

被災地では外の情報がほとんど入りません。携帯も繋がりません。
(深夜2回程大きな余震があったのですが、情報がなく不安でした。)
でも全国の人たちが応援しているという事は解っていました。
皆さん大変感謝していました。

私にはこれ位しか役に立つ事ができませんが、今回の経験を多くの人に知ってもらい、
支援の輪が途切れないようにするのが大事だと思いました。

今回のプロジェクトに参加してくださったチームの皆様・FDAの皆様・県の職員様、
本当にありがとうございました。
私も参加させていただけた事に心から感謝しています。

写真はほんの一部です。
釜石市 釜石市

釜石市 釜石市

釜石市 支援車両

釜石市 釜石市 釜石市
                                      ↑この○印わかりますか?
釜石市 釜石市←避難所

FDA FDA←感激!

FDA←往復お世話になりました<(_ _)>
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment